シロアリの恐ろしい被害

シロアリは雑食性のため、加害力の強烈な昆虫です。
では具体的にどのようなシロアリの被害があるのでしょうか?

・建築物の土台と柱の被害
シロアリは床下から蟻道を通って侵入してくることが多いので、まず建築物の土台や柱などの下部が食害されます。
柱が浮いてしまったり、傾いたりして地震や台風の際、思わぬ大被害を受け、とても危険です。

・床板の被害
床下から侵入してきたシロアリは、まず床板を食い荒らします。
さらに、その上にある畳やタンスなどの家具類までも食害してしまうのです。

・鉄筋コンクリート造校舎の床下被害
近年、鉄筋コンクリートやブロック造建物の被害も増えています。
コンクリート造建物でも、シロアリはひとたび侵入すると、内部の木材、家具などを食い荒らします。

・小屋組みの被害
シロアリは気付かないうちに柱や壁を食い進み、時には被害が天井裏の小屋組みにまで及んでいることがあります。

・モルタル壁内部・新建の被害
シロアリは木材だけの被害と思われがちですが、モルタルやコンクリートブロック、プラスチックや合成ゴム製の新建材にも被害を及ぼします。
モルタルやコンクリートブロックの内部は暗くて温暖多湿なのでシロアリに食害されやすい場所の一つなのです。
また、特に発泡スチロールや発泡ポリウレタン系の断熱材は木材より好んで加害されます。

・ケーブルなどの被害
鉄道沿線や建築内敷設のケーブル・電線類がシロアリに食害され、運転事故や電気・通信障害を引き起こすこともあります。

・鉛板の被害
金属でも比較的軟かい鉛や薄板はシロアリの食害対象となります。

・コンクリートの被害
シロアリは時には、レンガやコンクリートにも穴を開けることがあります。
コンクリートの割れ目を広げたり、給排水管との隙間を通って建物内に侵入することもあります。

・書籍などの被害
本や書類なども押し入れに入れたり、壁に接して積み重ねておくと、シロアリの餌食となってしまいます。
過去に建築設計事務所で保管中の貴重な設計図がシロアリに食害されたとの事例もあります。

・立木などの被害
シロアリは立木まで食害して枯らしたり、内部に大きな巣をつくることがあります。
樟脳をとるクスノキさえも食害し、木だけでなくサツマイモやサトウキビ、タバコなどの農作物までにも被害を与えます。

このように、シロアリの被害は極めて広範囲に及びます。
このほとんどが、気が付いた時には被害がかなり進行していることが多いので、予防やシロアリの早期発見が肝心です。

>>戻る

ページ上部へ戻る