日本で建築物に被害を与えるシロアリの種類

日本で建築物に被害を与えるシロアリの種類は、主にヤマトシロアリとイエシロアリです。
他にも近年では”乾材シロアリ”の仲間であるアメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリの被害が増えてきています。

・ヤマトシロアリとは
ヤマトシロアリは北海道北部を除く日本全土ほとんどに生息しています。
特別加工した塊状の巣はつくらず、加害箇所が巣を兼ねており、適当な生活場所と餌を求めて集団で移動する習性があります。
とくに乾燥に弱いため、常に湿った木材や土の中で生活しており、建築物では主に土台や床束などの建物下部を加害します。
ヤマトシロアリの被害は腐朽と同時に起こることが多く、食痕は多湿で汚いです。

・イエシロアリとは
イエシロアリは神奈川県より西の海岸線に沿った温暖な地域と南西諸島、小笠原諸島に生息しているといわれています。
しかし、近年では千葉県木更津市と館山市でも発見されています。
建物や地中に塊状の大きな巣をつくり、数十万匹、大きいものでは100万匹にも達します。
そのため、加害速度も速く、被害は強烈です。
建物の乾燥した木材でも水を運んで湿しながら加害するので、被害は建物全体に及んでしまいます。
食痕は乾燥しており、比較的きれいです。

・アメリカカンザイシロアリとは
アメリカカンザイシロアリは1976年に東京都江戸川区で発見されて以来、現在までに10数か所で発見されています。
今後、木材や荷物とともに運ばれ、さらに生息圏を拡め、被害が拡大する恐れがあるので、十分注意する必要があります。
特別加工した巣や蟻道をつくることなく、乾燥した木材中に抗道を穿って小集団で生活しています。
生活には特別水を必要とせず、建物の乾材やピアノ、ステレオ、タンス、机などの家具類を食害します。
被害のある木材の食害孔から乾いた砂粒状の糞を排出するのが特徴です。

・ダイコクシロアリとは
ダイコクシロアリは現在のところ、奄美大島より南に生息しており、日本本土では発見されていません。
しかし、沖縄県ではかなりの被害があるので、今後本土に侵入するおそれがあります。
”乾材シロアリ”の一種で、被害状況や加害習性はアメリカカンザイシロアリとよく似ています。

>>戻る

ページ上部へ戻る